「生き別れた息子」にとらわれ

「生き別れた息子」にとらわれ

理化学研究所の小保方晴子研究員は強い決意を持ってSTAP細胞の検証実験に臨んだが、結局、自らの手で再現することはできなかった。実験打ち切りを…

民主党再生の方策はあるのか

民主党再生の方策はあるのか

フタを開けてみれば自公与党の圧勝に終わった総選挙。政権交代の受け皿となるべき民主党の存在感はなお薄い。党再生の方策はあるのか、そして安倍晋三政権と、どう対峙(たいじ)するのか。民主党の顧問、藤井裕久・元財務相に…

チェアマンが描く「2ステージ制」からの未来

http://mainichi.jp/feature/interview/news/20141218mog00m050017000c.html

今季のサッカー・J1リーグは、ガンバ大阪が9年ぶりの優勝を果たして幕を閉じた。シーズン終盤の逆転劇に盛り上がりを見せたJ1は…

米とキューバ 国交交渉

米とキューバ 国交交渉

オバマ米大統領は17日正午(日本時間午前2時)、半世紀以上も外交関係が断絶しているキューバとの国交再開を目指す協議を開始すると発表した。

「公務員の入れ墨」議論は続く

「公務員の入れ墨」議論は続く

プライバシー重視か市民の不安払拭か――。職員に入れ墨の有無の回答を義務付けた大阪市の調査について裁判所は行き過ぎと判断し、「橋下流」の強権的な手法に異を唱えた。ただ、入れ墨は…

さらに見る

毎日新聞社のご案内

ピックアップ