絶滅危惧種生息地をパワーショベルで掘削

絶滅危惧種生息地をパワーショベルで掘削

環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されているカブトガニの国内有数の生息地である大分県中津市の中津干潟を、県中津土木事務所がパワーショベルで掘削していたことが分かった。台風18、19号で…

南相馬の理容師、店も家族も守る

南相馬の理容師、店も家族も守る

福島県南相馬市原町区に、100年以上続く理容店「富士床(ふじどこ)」がある。東京電力福島第1原発の30キロ圏内にあり、避難する住民も多くいたが、祖父と父の後を継ぐ渡辺淳さん(39)は「守らなければ」…

戦後最悪の火山災害から見えてきた課題と教訓

http://mainichi.jp/shimen/news/20141026ddm003040115000c.html

57人が死亡し、少なくとも6人が今も行方不明となっている御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火から、27日で1カ月を迎える。行楽日和の土曜日、山頂付近にたくさんの登山者が…

働く女性の原点…資生堂美容部員80年

働く女性の原点…資生堂美容部員80年

働く女性の先駆けともいえる資生堂のビューティーコンサルタント(BC、美容部員)が今年で誕生から80年を迎え、同社は24日、東京・銀座で記念イベントを開いた。魚谷雅彦社長による新体制が…

大臣補佐官、いい人いないのか

大臣補佐官、いい人いないのか

国家公務員制度改革関連法(4月成立)で新設された「大臣補佐官」の選任が進まない。9月の内閣改造後、誕生した補佐官はわずか3人。閣僚の大半は様子見を決め込んでいる。制度設計が悪いのか、それとも閣僚のやる気の問題か。「政治主導」への道のりは険しい。

さらに見る

毎日新聞社のご案内

ピックアップ