STAP細胞「再現できていない」

STAP細胞「再現できていない」

STAP細胞の有無を調べる検証実験について、理化学研究所の検証チームは27日、東京都内で記者会見を開き、英科学誌ネイチャーの論文(7月に撤回)に記載された方法の一つではSTAP細胞はできなかったとする中間報告を発表……

再生研 実質解体

再生研 実質解体

STAP細胞の論文不正問題を受け、理化学研究所は27日、論文作成の舞台となった発生・再生科学総合研究センター(CDB)の「解体的出直し」などを柱とした改革の行動計画を発表した…

避難者自殺判決 東電の責任厳しく指摘

http://mainichi.jp/opinion/news/20140827k0000m070154000c.html

福島第1原発事故に伴う避難生活中に自殺した58歳の女性をめぐる裁判で、慰謝料など約4900万円を遺族に賠償するよう福島地裁が東京電力に命じた。東電にとって厳しい判断が示された…

痛恨の笹井氏自殺…理研の危機管理は

痛恨の笹井氏自殺…理研の危機管理は

今年3月にはストレスから入院していたという。STAP問題の渦中にあった理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が自ら命を絶ったが、復職後の自殺は関係者には痛恨だろう。理研の危機管理はどうなっているのか。

非正規依存、もう限界

非正規依存、もう限界

人手不足問題の連載(大阪本社発行版に掲載)を担当し、その影響が外食、小売業界から大手メーカーにまで広がっていることを実感した。各社はアルバイトの時給の大幅アップや、工場期間従業員への支度金積み増しなどで人手集めに必死だが…

記者の目 アーカイブ一覧

さらに見る

毎日新聞社のご案内

ピックアップ