ウクライナ情勢の打開へ 4者協議始まる

ウクライナ情勢の打開へ 4者協議始まる

混迷するウクライナ情勢の打開を目指し、米国とロシア、EU、ウクライナの外相級4者協議が17日、スイス・ジュネーブで始まった。関係当事国・機関が一堂に会するのは…

教育資金、どう捻出? 「早めにコツコツ」が基本

教育資金、どう捻出? 「早めにコツコツ」が基本

新入学の資金手当ては支障なかったでしょうか。子供が望む進路はかなえてやりたいのが親心とはいえ、教育資金は最低でも1人1000万円を超える。物価インフレ、収入デフレの中…

「お母さん愛してる」 客船沈没で家族にメール

http://mainichi.jp/select/news/20140417k0000e030231000c.html

【珍島・大貫智子】「お母さん、愛してる」「本当に死ぬかも」-。韓国の旅客船「セウォル号」に乗っていた高校生ら乗客は16日午前の沈没直前、船内から家族や友人に携帯電話を使って必死に連絡を取ろうとしていた…

栃木女児殺害 男が関与ほのめかす供述

栃木女児殺害 男が関与ほのめかす供述

栃木県日光市(旧今市市)で2005年12月、市立大沢小1年の吉田有希ちゃん(当時7歳)が下校中に行方不明になり、翌日に茨城県常陸大宮市の山林内で他殺体で見つかった殺人・死体遺棄事件について、別の事件で逮捕された男が関与をほのめかす供述をしていることが栃木県警への取材で分かった。

理研・笹井氏が会見 混乱と疑惑に謝罪

理研・笹井氏が会見 混乱と疑惑に謝罪

STAP細胞論文に不正があるとされた問題で、責任著者の一人、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が16日午後、東京都内で記者会見した。笹井氏は冒頭、「論文で、混乱と齟齬(そご)による多くの心配や疑惑を…

さらに見る

毎日新聞社のご案内

ピックアップ