副操縦士「精神的な病」か 診断書を押収

副操縦士「精神的な病」か 診断書を押収

独ジャーマンウイングス機の墜落で、仏独の検察当局は27日、機長を操縦室から閉め出し、意図的に墜落させた殺人容疑で、アンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)の本格捜査を開始した。デュッセルドルフの検察当局は…

父娘対立「総会後はノーサイド」

父娘対立「総会後はノーサイド」

社長続投が決まった久美子氏は27日、記者会見し「新経営体制で業務に取り組む。店舗運営の見直しやブランドの再構築などを積極的に行う」と述べ、経営改革を急ぐことを強調した。今回の騒動が親族や社員まで巻き込む形に…

マタハラと闘う日本人女性 米政府なぜ注目

http://mainichi.jp/select/news/20150327k0000m040012000c.html

アサド政権下で逮捕されたシリア人の人権活動家、エボラ出血熱と闘うギニア人の看護師……そんな女性たちとともに米国務省の「世界の勇気ある女性」賞を受賞したのは、妊娠・出産を理由にした職場での嫌がらせ…

黙認一転、一掃された文化遺産 横浜市・黄金町

黙認一転、一掃された文化遺産 横浜市・黄金町

記者は今回、横浜駅にほど近い京浜急行電鉄(京急)の日ノ出町駅~黄金町駅界わいを15年ぶりに訪れた。「ちょんの間」と呼ばれた売春宿が建ち並んでいた高架下やその脇の小さな建物には、アートスタジオやギャラリーなどが…

日本人はバブルから何も学んでいない

日本人はバブルから何も学んでいない

1980年代後半の日本で、株価、地価など資産価格の大幅な上昇が始まった。本来の価格はその資産を利用することで生まれてくる収益などを基に決まるものだが、この時はそうした実力からかけ離れた異常な伸びを…

さらに見る

毎日新聞社のご案内

ピックアップ