人の役に立ちたい人増加 国民性調査

人の役に立ちたい人増加 国民性調査

「他人の役に立とうとする日本人が増えている」と感じる人が半数近くに達したことが30日、文部科学省所管の「統計数理研究所」が発表した「2013年日本人の国民性調査」で分かった。同研究所は「東日本大震災などでボランティアが活躍する姿を見てそう感じる人が増えているのだろう」とみている。

ソフトバンク3年ぶり日本一

ソフトバンク3年ぶり日本一

プロ野球日本シリーズは30日、ヤフオクドームで第5戦があり、パ・リーグ覇者のソフトバンクが1―0で阪神に勝ち、対戦成績を4勝1敗として3年ぶり6回目(南海、ダイエー時代の各2回を含む)のシリーズ制覇を果たした。

社会貢献債が好調 途上国支援や環境保全

http://mainichi.jp/select/news/20141030k0000m020093000c.html

発展途上国支援や環境保全事業などに投資する外貨建ての「社会貢献債」の販売が好調だ。お金の使い道が決まっていることから、社会問題に関心の高い個人投資家の関心を呼び、超低金利が続く中、国債や社債と比べて高い利回りにも注目が集まっている。

御嶽山噴火 二つの「盲点」

御嶽山噴火 二つの「盲点」

57人が死亡、少なくとも6人が行方不明となった御嶽山噴火災害。火山学的に小規模な噴火が大きな被害を招いた要因や背景を探ると、二つの「盲点」と、火山観測が抱える深刻な課題が見えてきた。

保守分裂 辺野古移設巡り激戦

保守分裂 辺野古移設巡り激戦

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を最大の争点にした沖縄県知事選が30日告示され、移設推進から反対まで、主張が異なる4氏が立候補を届け出た。事実上、保守と革新の…

さらに見る

毎日新聞社のご案内

ピックアップ