メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 社会人野球は来月9日からの東京スポニチ大会で、今シーズンの幕を開ける。全国のチームが目指すのは、第87回都市対抗野球大会(7月15日〜12日間、東京ドーム)。その社会人最高峰の舞台に向け、並々ならぬ闘志を燃やす2人の選手がいる。都市対抗連覇を狙う大阪市・日本生命の右腕・藤井貴之投手(27)と、「ミスター社会人野球」の西郷泰之さん(43)が引退した狭山市・ホンダの多幡雄一コーチ兼内野手(33)。社会人で完全燃焼する覚悟を決める中堅とベテランの思いを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2319文字(全文2549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです