メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 社会人野球は来月9日からの東京スポニチ大会で、今シーズンの幕を開ける。全国のチームが目指すのは、第87回都市対抗野球大会(7月15日〜12日間、東京ドーム)。その社会人最高峰の舞台に向け、並々ならぬ闘志を燃やす2人の選手がいる。都市対抗連覇を狙う大阪市・日本生命の右腕・藤井貴之投手(27)と、「ミスター社会人野球」の西郷泰之さん(43)が引退した狭山市・ホンダの多幡雄一コーチ兼内野手(33)。社会人で完全燃焼する覚悟を決める中堅とベテランの思いを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2319文字(全文2549文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです