メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 2試合連続完封で久慈賞 岐阜経済大コーチ・中ノ瀬幸泰さん(43)

金属バットに真っ向勝負

 第65回大会(1994年)で、金属バットが採用された第50回大会(79年)以降、初の登板2試合連続完封を達成。西濃運輸の準優勝に貢献し、久慈賞(敢闘賞)に選ばれた。

 当時高卒4年目の無名投手だったが、2回戦の川崎製鉄神戸戦で見事な完封。林教雄監督が前日練習の投球を見て起用を決めたという。準決勝は川崎製鉄千葉を2安打に抑え込んだ。「東京ドームで投げられるうれしさで、ワクワクしていた」。切れ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです