メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 2試合連続完封で久慈賞 岐阜経済大コーチ・中ノ瀬幸泰さん(43)

金属バットに真っ向勝負

 第65回大会(1994年)で、金属バットが採用された第50回大会(79年)以降、初の登板2試合連続完封を達成。西濃運輸の準優勝に貢献し、久慈賞(敢闘賞)に選ばれた。

 当時高卒4年目の無名投手だったが、2回戦の川崎製鉄神戸戦で見事な完封。林教雄監督が前日練習の投球を見て起用を決めたという。準決勝は川崎製鉄千葉を2安打に抑え込んだ。「東京ドームで投げられるうれしさで、ワクワクしていた」。切れ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです