メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマハ逃げ切る NTT西、好機生かせず

【NTT西日本-ヤマハ】三回裏ヤマハ無死、青柳が右越え本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2016年11月5日、望月亮一撮影

 ○ヤマハ3-1NTT西日本●(5日・日本選手権2回戦)

     ヤマハが効率よく得点した。三回に青柳のソロ本塁打と鈴木光、矢幡、佐藤の3連打で2点を先取し、六回にもスクイズで1点を追加。鈴木博、九谷の継投で逃げ切った。NTT西日本は序盤の好機を生かせず、六回にスクイズで1点を返すにとどまった。

     ヤマハ・美甘将弘監督 先発の鈴木博は長く続くとは思わなかったが、六回途中までよく投げてくれた。打線も1回戦からつながりができている。

     NTT西日本・大原周作監督 序盤は相手投手の球が荒れていた分、うちの打者も待ちの姿勢になって積極性がなかった。六回の失点が痛かった。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月8日の試合

    話題の記事

    関連サイト