メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラークスにロッテ香月が復帰「熊本は故郷」

9年ぶりとなるラークスのユニホームを着て投球練習する香月投手=熊本県合志市の市総合運動公園野球場で2017年2月13日午後2時24分、出口絢撮影

 千葉ロッテマリーンズから戦力外通告を受けた香月良仁(りょうじ)投手(33)が、9年ぶりに古巣の社会人野球「鮮ど市場ゴールデンラークス」(熊本市)のユニホームに袖を通した。「プロの時よりもレベルを上げたい」と闘志を燃やし、4月に開かれる第88回都市対抗野球大会の1次予選に向け調整を続けている。

 昨年10月に戦力外通告を受けると、すぐに「人として一番尊敬している」という恩師の田中敏弘・ラークス監督に電話した。熊本で会った11月末、監督から「ラークスで投げている姿が俺には見える」と言われ、「人として求められてありがたかった」と1週間後に入団を決めた。当初はコーチ兼任の予定だったが、田中監督は入団初日、「香月に余計な肩書はいらない。彼が投げる姿だけでチームへの役割は十分に果たしている」とコーチ職を外した。

 香月投手は福岡県久留米市出身。柳川高校(同県柳川市)から第一経済大を経て、2006年創部のラークスに1期生として入部し、親会社のスーパー「鮮ど市場」で働きながら、右腕エースとしてチームを引っ張った。07年の都市対抗野球初出場に貢献し、08年のドラフト6位でロッテに入団した。

 初勝利は10年4月。15年には40試合に登板したが昨秋、巨人の兄良太投手と同じタイミングで戦力外通告を受けた。通算成績は65試合に登板し4勝3敗だった。

 香月投手にとって、熊本は生まれ育った福岡より友人や知人が多く、「故郷のように思っている」という。「自分が戻ることでラークスに少しでもプラスになればいい」。昨年4月の熊本地震を受け、そんな思いも抱いての復帰だ。

 生き残るのに必死だったプロの世界では余裕がなかった。今は鮮ど市場がフランチャイズ経営するフィットネスクラブに勤務しながら、一緒に「日本一」を目指す仲間がいる。「野球が楽しい」。表情には充実感が漂う。【出口絢】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 安倍首相の在任 戦後3位に 「1強」のひずみは深刻だ
  2. キッズウイーク 「どこの国の話?」政府構想にブーイング
  3. 時代の風 「分煙」が不可な本当の理由=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員
  4. G7 トランプ夫妻“別格”扱い 安全配慮「無礼」報道も
  5. アクセス 炎上「ワンオペ育児」 リアルなCM、賛否両論 勇気づけられた/古傷えぐられた

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]