メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海地区2次予選が始まる

日本野球連盟東海地区連盟の松本正之会長がマウンドに立って行われた始球式=愛知県の岡崎市民球場で2017年5月20日午前9時29分、石塚誠撮影

 第88回都市対抗野球大会東海地区2次予選(日本野球連盟東海地区連盟・毎日新聞社主催、ミニミニ・ミニテック協賛)は20日、愛知県の岡崎市民球場で開幕した。愛知、岐阜、三重、静岡4県の計16チームが、本大会に出場する代表6枠の座を懸けて熱戦を繰り広げる。

     同日午前に松本正之・地区連盟会長がマウンドに登って始球式を実施。続いて、ジェイプロジェクト(名古屋市)-王子(愛知県春日井市)戦が始まった。

     昨年の本大会で優勝したトヨタ自動車(愛知県豊田市)は、推薦での本大会出場が決まっており、予選には出場しない。予選は18日間の日程で、順調に進めば6月6日までに全6代表が出そろう。本大会は、東京ドームで7月14日に開幕する。【石塚誠】

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月26日の試合

    話題の記事

    関連サイト