メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

社会人日本代表・石井章夫氏

社会人日本代表監督の石井章夫さん=東京都千代田区で2017年5月、中村藍撮影

粘り強く、アジア制す

 --監督を務めるのは東京ガスを率いた2003~05年以来、12年ぶり。当時はどのように取り組んだか。

 ◆選手としては現役最後の年(1995年)に初めて都市対抗の本大会に進んだが、1回戦で敗退した。出ることが目標だったので、ホッとしていたと思う。勝つには、その先を目指さなければいけない。監督の頃は都市対抗に出られるかどうかというチーム力だったが、日本一を目標に、そのために何をするかという考えで取り組んだ。企業スポーツとして存在感を示し、価値を生み出す必要がある。都市対抗に出て多くの社員に東京ドームに応援に来てもらうことが野球部の存在感であり、目的だった。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1127文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  3. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  4. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  5. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです