メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

社会人日本代表・石井章夫氏

社会人日本代表監督の石井章夫さん=東京都千代田区で2017年5月、中村藍撮影

粘り強く、アジア制す

 --監督を務めるのは東京ガスを率いた2003~05年以来、12年ぶり。当時はどのように取り組んだか。

 ◆選手としては現役最後の年(1995年)に初めて都市対抗の本大会に進んだが、1回戦で敗退した。出ることが目標だったので、ホッとしていたと思う。勝つには、その先を目指さなければいけない。監督の頃は都市対抗に出られるかどうかというチーム力だったが、日本一を目標に、そのために何をするかという考えで取り組んだ。企業スポーツとして存在感を示し、価値を生み出す必要がある。都市対抗に出て多くの社員に東京ドームに応援に来てもらうことが野球部の存在感であり、目的だった。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1127文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです