メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

ライバルが心強い仲間に 頼れる補強選手

川崎市・東芝に補強されたJX-ENEOSの山崎(右)と渡辺の二遊間コンビ

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は14日、東京ドームで開幕する。都市対抗の特色と言えるのが第21回大会(1950年)から導入された補強選手制度だ。現在は本大会出場のかなわなかった同一地区のチームから1チーム最大3人補強できる。今回は前年優勝で推薦出場の豊田市・トヨタ自動車を除く31チームに計91人。優勝旗「黒獅子旗」の行方を大きく左右する補強選手を取り上げる。

この記事は有料記事です。

残り2011文字(全文2211文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです