メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 神がかった打棒で橋戸賞獲得 元姫路市・新日鉄広畑内野手 佐々木恭介さん

佐々木恭介さん

一球にこだわれ 佐々木恭介さん(67)

 面白いように打ちまくった。不動の4番打者として臨んだ第42回大会(1971年)で2本塁打、1三塁打、3二塁打を含む19打数11安打8打点。「バットさえ出せればヒットになる」というほど神がかった打棒で2回目の優勝の立役者となり、橋戸賞(最優秀選手賞)を獲得した。

 5試合で最も印象に残っているのが、川崎市・三菱自動車川崎との1回戦の第1打席だという。左翼ポール際へのファウルが2球続いた後、外角の沈む変化球を、右中間に先制の適時三塁打。四回にも適時打を放つなど、初戦…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです