メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 神がかった打棒で橋戸賞獲得 元姫路市・新日鉄広畑内野手 佐々木恭介さん

佐々木恭介さん

一球にこだわれ 佐々木恭介さん(67)

 面白いように打ちまくった。不動の4番打者として臨んだ第42回大会(1971年)で2本塁打、1三塁打、3二塁打を含む19打数11安打8打点。「バットさえ出せればヒットになる」というほど神がかった打棒で2回目の優勝の立役者となり、橋戸賞(最優秀選手賞)を獲得した。

 5試合で最も印象に残っているのが、川崎市・三菱自動車川崎との1回戦の第1打席だという。左翼ポール際へのファウルが2球続いた後、外角の沈む変化球を、右中間に先制の適時三塁打。四回にも適時打を放つなど、初戦…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. 暴行 3歳長女に 容疑の母ら逮捕 県警、稲敷署 /茨城

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]