メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

三菱日立パワーシステムズ・後藤隆之氏

長打追い求めたい

 --統合後初の都市対抗は、40人以上の部員を束ねて最高成績に並ぶ4強入りを果たした。

 ◆ベンチ入りメンバーを決めるのがまず大変だった。対戦相手には右投手が多いのか左が多いのか、接戦になりそうか、足(機動力)は必要か。そういうことを検討して決めた。(終盤に逆転した)大阪市・日本生命との1回戦は負けていてもおかしくない試合だった。勝てたことに満足しなければいけないとも思った。大会後、選手には「よく頑張った。メンバーに入っていなくても全員で勝ち取ったベスト4だ」と話した。

 --出場機会があまりなかった新人の龍幸之介選手を4番で起用するなど思い切った采配が目に付いた。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1117文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]