メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

逆転打の明治安田・宮川 自チーム出場に喜び

【明治安田生命-鷺宮製作所】八回宮川の3点二塁打で生還して喜ぶ明治安田生命の(左から)吉田、木田、新城=東京・大田スタジアムで2017年9月14日、江連能弘撮影

○明治安田生命6-4鷺宮製作所●(社会人野球の日本選手権関東予選代表決定戦 14日、東京・大田スタジアム)

 七回までに12安打を放ちながら2点止まりだった明治安田生命は2点を追う八回、単打3本などで1点差に迫ると、1死満塁から3番・宮川が初球を引っ張り、右越えに走者一掃の逆転二塁打を放った。

 7月の都市対抗にセガサミーの補強選手として出場した宮川は「気持ちを切らさなかった。今回は自チームで出られてうれしい」と語った。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田
  5. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]