メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永和商事と三菱自岡崎が勝利 日本選手権東海

【西濃運輸-三菱自動車岡崎】七回裏三菱岡崎1死三塁、山野辺翔が右前適時打を放って1点を勝ち越す(捕手・松本直樹)=岡崎市民球場で2017年9月14日、石塚誠撮影

 社会人野球の日本選手権東海予選は14日、2回戦2試合。永和商事ウイングは主将の右腕・高橋が2試合連続完投勝利。三菱自動車岡崎は西濃運輸との接戦を制し、代表決定戦に進んだ。

東海(愛知・岡崎市民)

 ▽2回戦

ジェイプロジェクト

100000001◆2

00001030×◆4

永和商事ウイング

(ジ)岩田、小森-松田、森(永)高橋-大川▽本塁打 大川(永)

西濃運輸

100100000◆2

10100010×◆3

三菱自動車岡崎

(西)山下、六信-松本(三)山本、神原、仲井、北畑-清水▽本塁打 山野辺(三)

永和商事・大川が勝ち越し3ラン

 永和商事ウイングの8番・大川が特大の一発で試合を決めた。七回1死一、二塁、1ボールから高めに浮いた直球を左翼席に運ぶ勝ち越し3ラン。「今までにない手ごたえ」という当たりだった。

 千葉・浦安高から入社2年目。捕手としてはエース・高橋の膝元に落ちる変化球を効果的に使ってリードし、ジェイプロジェクト打線を抑えた。「沈む球を後半に多投できるように配球した。思い通りにできた」と会心の表情だった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
  2. ORICON NEWS 引退発表の安室奈美恵、11・8ベストアルバム発売 “引退ツアー”も日程調整
  3. 安室奈美恵さん 来年引退へ コメント全文
  4. 藤原定家 日記の「赤気」はオーロラ 極地研などが解析
  5. 安室奈美恵 故郷・沖縄でデビュー25周年ライブ 5年越しの“リベンジ”に5万2000人熱狂

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]