メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
悲願へ・箕島球友会

社会人野球日本選手権 「自信持って挑む」 選手ら県で活躍誓う /和歌山

仁坂吉伸和歌山県知事(手前左)に全日本クラブ野球選手権優勝を報告する箕島球友会の西川忠宏監督(右から2人目)ら=和歌山県庁で、木原真希撮影

 全日本クラブ野球選手権大会(毎日新聞社など主催)で優勝した和歌山箕島球友会の選手らが13日、県庁と毎日新聞和歌山支局を相次いで訪問し、優勝を報告した。5回目の出場となる第43回社会人野球日本選手権大会(11月2日開幕)で悲願の初勝利に向けて活躍を誓った。

 県庁で仁坂吉伸知事は「素晴らしい結果だった…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです