メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悲願へ・箕島球友会

社会人野球日本選手権 戦いの軌跡/下 成長と復活、投手二枚看板 /和歌山

全日本クラブ野球選手権大会で優勝し、西川忠宏監督(中央)を胴上げして喜ぶ和歌山箕島球友会の選手たち=埼玉県所沢市のメットライフドームで2017年9月4日、長谷川直亮撮影

 ゆったりとしたモーションから繰り出される球は、伸びやかに捕手のミットに吸い込まれていく。メットライフドーム(埼玉県所沢市)で9月4日にあった第42回全日本クラブ野球選手権大会決勝で、和歌山箕島球友会の左腕・和田拓也投手(23)は、強豪・大和高田クラブ(奈良)相手に、連打さえ許さぬ好投を続けていた。

 2年前のこの大会で優勝した後、故障者が相次ぎ低迷していた球友会。和田投手も1年目の昨年、左肩痛でほとんど登板できなかった。しかし、けがを治して臨んだ今大会の西近畿地区予選1回戦、昨年2度にわたり苦杯をなめさせられた県警桃太郎(兵庫)相手に完投し、雪辱に貢献した。「昨年1年間何も貢献できなかったが、この1勝で少し自信がついた」と振り返る。

 所沢に入っても調子を上げ、2回戦の鹿児島ドリームウェーブ(鹿児島)戦で先発して完封勝利を飾る。予選…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです