メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/3 JR九州(九州・福岡)

日本選手権予選から正捕手になりチームを引っ張ったJR九州の新人・牛島(中央)

監督期待応えた新人

 今夏の都市対抗野球九州予選第3代表決定戦。先発メンバーにJR九州の揺らぎが感じられた。2009年の日本選手権優勝、翌年の都市対抗準優勝を経験した「浜野雅慎-中野滋樹」のバッテリー。若返りのチーム方針で外れていたベテランコンビを復活させた。「最後の手段」も及ばず、都市対抗への切符が7年連続で途絶えた。

 昨シーズン、ヘッドコーチから昇格して野中憲二監督が就任。頂点を知る選手が引退していく中、「世代交代…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文785文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]