メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/4 和歌山箕島球友会(近畿・和歌山)

全日本クラブ選手権で優勝し、西川監督を胴上げする和歌山箕島球友会の選手たち=長谷川直亮撮影

悲願の企業チーム打倒

 5度目の挑戦で、悲願の初勝利を目指す。和歌山箕島球友会のエース寺岡大輝は「クラブチームは企業チームには勝てないという先入観を持たれている。全国の代表として、企業チームに勝ってクラブチームの評価を上げたい」と、強い意気込みを口にする。

 日本選手権にクラブチームが出場する道が広がったのは2006年。大会活性化などを目的に、都市対抗とともに全日本クラブ選手権の優勝チームに出場権が与えられるようになった。和歌山箕島球友会は同年のクラブ選手権で初優勝し、「クラブ日本一」として日本選手権に臨んだ最初のチームだ。

 10年からはクラブ選手権予選と日本選手権予選は原則として重複出場できないことになり、クラブ選手権を…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文840文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]