メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/5止 JR東日本(関東・東京)

社会人野球の集大成となる日本選手権に向け、闘志を燃やすJR東日本の田嶋

「ポスト」田嶋、融合カギ

 26日のドラフト会議で指名を受けてプロ入りする選手にとって、日本選手権はアマチュア最後の大会となる。今大会の出場32チームから指名されたのは19人。JR東日本のエースで、オリックス1位の田嶋大樹は「社会人の集大成として優勝で締めくくりたい」と意気込みを口にする。

 JR東日本は都市対抗を制した2011年から昨年までに十亀剣(西武)、田中広輔(広島)ら計14人をプロに送り出してきた。今年もエースが抜けることになるが、就任13年目の堀井哲也監督は「不安以上に誰が(穴を)埋めるかというワクワク感が大きい」と前向きだ。チームメートのプロ入りは他の選手にとって「次は自分も」という刺激となり、「プロを目指せるチーム」という評価が有望な新人獲得につながる好循環も生んでいる。

 「社会人ナンバーワン左腕」の田嶋のドラフト指名は今季当初から織り込み済みだったが、エースに次ぐ存在…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです