メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 NTT東日本、決勝ならず 右肘故障の末永彰吾投手、「来季は投げる」雪辱誓い

準決勝の前、練習を見守る末永彰吾投手

 第43回社会人野球日本選手権で、11日の準決勝に進んだNTT東日本(東京)の末永彰吾投手(30)は、速球派右腕ながら、道具運びや球拾いの裏方としてチームを支えた。優勝した今夏の都市対抗野球で右肘を痛めたまま登板。完治せず、今大会は出場を見送ったからだ。この日はトヨタ自動車(愛知)に及ばなかったが、「来季は自分がここに立つ」と、京セラドーム大阪のマウンドを見つめてカムバックを誓った。

 今年7月の都市対抗2回戦でも相手はトヨタだった。2番手で登板し、4回を無失点に抑えた後、右肘の違和…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文605文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです