メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

指導者に聞く 日本一だけでは満足せず 東芝監督・平馬淳氏(42)

 都市対抗で歴代2位、7度の優勝を誇る東芝の新監督に平馬淳氏が就任した。選手として都市対抗優勝経験があり、2000年シドニー五輪で日本代表としても活躍した。初めての監督業。どうチームのかじを取るのかを聞いた。【村田隆和】

 --就任してまず選手に伝えたことは。

 ◆「主体性を持ってやりなさい」と伝えた。練習をやらされている文化が昔から野球にはあったが、まだ残っていると思う。「自らが行動して責任を持ち、練習して生活を送ろう」と話した。もう一つはセカンドキャリアについて。野球だけをやっていればいい時代ではない。会社あっての野球部。自分でどうしたらいいのか方法論はそれぞれが見つけてほしい。

 --会社の経営再建もあり、昨季は野球に集中することが難しかった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1084文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです