メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

県リーグ戦 伏木海陸がV バンディッツ白星飾れず /富山

【伏木海陸運送-ロキテクノベースボールクラブ】8回を被安打2に抑えた伏木海陸のルーキー、金田=富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで、青山郁子撮影

 県内社会人野球シーズンの開幕戦、第108回県リーグ戦(JABA県連盟主催、毎日新聞社後援)が31日、富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで開かれ、伏木海陸運送(高岡市)が優勝した。今年誕生したばかりのバンディッツ・ベースボールクラブ(富山市)が公式戦に初参戦したが、0-10でロキテクノベースボールクラブ(ロキテクノBC、上市町)にコールド負けし、白星デビューはならなかった。

     大会には富山ベースボールクラブ(富山BC、富山市)を加えた計4チームが参加し、トーナメント戦を戦った。

     試合後の表彰式で、伏木海陸の田中翔主将に優勝杯が贈られたほか、最高殊勲選手賞に決勝戦で好投した金田甲志投手(伏木海陸)、敢闘賞に森内寿誠投手(ロキテクノBC)、打撃賞に大野凌外野手(伏木海陸、9打数5安打、5割5分6厘)がそれぞれ選ばれ、川西邦夫・同連盟会長から盾などが贈られた。【青山郁子、山口敬人】

     ▽決勝戦

    伏木海陸運送

      001000000=1

      000000000=0

    ロキテクノベースボールクラブ

     (伏)金田、竹中-田中

     (ロ)森内、米山-沢田

    ▽本塁打 大野(伏)

     伏木海陸のルーキー・金田とロキテクノBC・森内の白熱した投手戦となったが、伏木海陸は三回の大野の中越え本塁打1本で決着を付けた。金田は得意のスクリューボールがさえ八回まで被安打2。相手に三塁を踏ませなかった。ロキテクノBCは、粘る森内を打線で援護できなかった。

     ▽1回戦

    バンディッツベースボールクラブ(富山市)

      0000000=0

      004150×=10

    ロキテクノベースボールクラブ(上市町)

     (七回コールド)

     (バ)井原、高橋-多田

     (ロ)長坂、松原-沢田、石川

    ▽二塁打 太田2、川崎、沢田(ロ)

     ロキテクノBCは三回、2安打で4点を挙げると五回には打者一巡の猛攻で大勝。投手陣も被安打4に抑えた。公式戦初陣のバンディッツBCは先発の井原が二回まで無失点に抑えたが5失策と守備が乱れ、反撃のきっかけをつかめなかった。

    富山ベースボールクラブ(富山市)

      0020000=2

      016324×=16

    伏木海陸運送(高岡市)

     (七回コールド)

     (富)村地、小山田、熊崎-砂

     (伏)上野、海老-田中

    ▽三塁打 宮口、田中(伏)

    ▽二塁打 林2、田中、乙野(伏)

     17安打を放った伏木海陸が大勝した。1点を追う三回、4番・林からの5連打などで一挙6点。その後も攻撃の手を緩めなかった。富山BCは殿村の2点適時打で一度は逆転したものの、投手陣が踏ん張れなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    2. JR山田線 最終列車見送る駅長 きょうから5駅で無人化
    3. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
    4. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原
    5. みんなの広場 「原爆落ちろ」叫んだあなたへ=高校生・新貝彩菜・18

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]