メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 3度のV経験「打撃賞」獲得 元浜松市・ヤマハ内野手、監督 山本秀樹さん

俊足、サヨナラ本盗 山本秀樹さん(63)

 選手としてプレーした15年間で大昭和製紙(富士市)、ヤマハ発動機(磐田市)、ヤマハ(浜松市)の3チームを渡り歩き、3度の都市対抗優勝を経験した。特に、後楽園球場最後の優勝を果たした第58回大会(1987年)は「2番・二塁」で全試合に先発し20打数10安打をマーク。「打撃賞」を獲得した。

 ただ、選手時代の語り草になっているのは、打撃より「100メートルを11秒ほどで走った」という俊足だ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです