メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

今季就任、3主将の覚悟 大一番、先頭に立つ

6年目で主将に就任したNTT西日本の長田

 都市対抗2次予選が17日、全国のトップを切って近畿でいよいよスタートする。今秋の日本選手権(京セラドーム大阪)出場権をかけた日本野球連盟(JABA)主要大会は終了。東京ドーム行きを争う大一番を前に、今季新たに就任した3人の主将にスポットを当てる。

世代交代託され NTT西日本・長田涼平内野手(28)

 ベンチから勢いよく飛び出し、全力疾走で守備に向かう姿はまるで高校球児のようだ。「器用なタイプではないので気持ちを前面に出さないと誰もついてこない」。入社6年目の新主将はチームを活気づけようと懸命だ。

 チームは昨年、都市対抗、日本選手権とも1回戦敗退。今季は世代交代を図るために高本泰裕、赤嶺慎ら主力…

この記事は有料記事です。

残り1963文字(全文2263文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです