メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

2次予選 南関東 大一番の高揚感 ホンダ・斎藤、7回無失点

 (2次予選・4日)

 ホンダの2年目・斎藤が7回3安打無失点の力投で、第1代表の立役者となった。

 140キロ台中盤の直球を軸に、四回までパーフェクトに抑えた。「疲れが出て球速も出なくなった」と、五回以降はいずれも得点圏に走者を背負う。六回2死満塁の窮地では日本通運の4番・北川を直球で追い込み、最後は決め球のスライダーで空振り三振に仕留めた。

 昨年は新人ながら先発の一角を担ったが、「ピンチで粘れない」ことが課題だった。この日は、大一番の高揚…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです