メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

2次予選 中国第2、JR西日本

 (2次予選・12日)

    守備固めが殊勲、サヨナラ二塁打

     左翼手のグラブをかすめた打球が芝生に落ちた。殊勲のサヨナラ二塁打を放ったのは、右翼の守備固めで途中出場したJR西日本の2年目・佐藤だった。

     同点の九回1死一、二塁、元DeNAの相手右腕・小林の代わりばなを狙った。「自分はガツガツいくタイプなので、変化球で入ってくると思った」。その読み通りに来た初球の真ん中高めのスライダーを引っ張った。社会人初のサヨナラ打に「開き直った結果。最高」と声を弾ませた。

     チームは昨年の本大会で初めて8強入りしたが、今季は春先から打線が不調。9日の決勝トーナメント1回戦ではJFE西日本の河野に3安打に封じられ、0-1で敗れた。味方投手陣の力投に応えられないでいた。

     この日も五回以降は攻めあぐね、エース右腕・加賀美が打たれる嫌な展開だったが、土壇場に下位打線で好機を作り、仕上げは守備固めの選手。本調子ではなくても勝ち切れるのは、底力のある証拠だ。【安田光高】


    中国(山口・津田恒実メモリアル)

     ▽第2代表決定戦

    JFE西日本

      000002001=3

      001200001=4

    JR西日本

     (JR西日本は3年連続4回目)

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月13日の試合

    話題の記事