メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 19歳で2試合完投、若獅子賞 元大分市・新日鉄大分投手 岩切利浩さん

速球とシュートで勝負 岩切利浩さん(53)

 無名の19歳が、強気のマウンドさばきでファンをうならせた。入社2年目だった第55回大会(1984年)で全3試合に先発し、1、2回戦で連続完投。5年ぶり2回目の出場だったチームを初の8強に導き、若獅子賞(新人賞)に輝いた。

 初戦は浦和市(現さいたま市)・日本通運に4点を失ったが、許した安打は3本のみ。前年4強の優勝候補を破って勢いづくと、神戸市・三菱重工神戸(現三菱重工神戸・…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです