メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

広島の2チーム、喪章で開会式 悲しみの地元に光を 「あきらめない姿見せる」

土砂が流れ込んで道路で動けなくなったタクシーを協力して移動させる伯和ビクトリーズの選手ら=東広島市八本松西で2018年7月7日、伯和ビクトリーズ提供

 東京ドームで13日に開幕した第89回都市対抗野球大会に、西日本豪雨で最も大きな被害を受けた広島県から2チームが出場している。東広島市・伯和ビクトリーズと広島市・JR西日本。両チームは話し合い、肩に喪章を付けて開会式に臨んだ。「野球をしていていいのだろうか」と葛藤を抱えながらも「地元に少しでも明るい話題を」と活躍を誓う。【石川裕士、前本麻有】

 雨が激しくなった6日夜。伯和ビクトリーズは東広島市の寮で合宿中だった。東賢孝(あずまやすたか)監督…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文932文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです