メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

豪雨被害の故郷に闘志届け 岡山出身選手

被災地への思いを胸に試合に臨む熊本県大津町・ホンダ熊本の岡崎集=千葉県習志野市新栄2の日本大学グラウンドで2018年7月14日午前9時15分、清水晃平撮影

 第89回都市対抗野球大会で第3日の15日に登場する熊本県大津町・ホンダ熊本の岡崎集(つどい)外野手(30)は西日本豪雨で大きな被害が出た岡山県倉敷市の県立倉敷商高出身だ。一昨年の熊本地震では被害が大きい地域や避難所をチームで手伝う一方、多くの人に支えられた。「自分に何かできることがあれば」。大災害を経験したからこそ強まっている故郷への思いを胸に初戦に臨む。【清水晃平】

 豪雨の被害を伝えるニュースで映し出されたのは、高校時代を過ごした倉敷の変わり果てた姿だった。隣接す…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです