メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

NTT東 随所に「攻め抜く姿勢」

【東京都(NTT東日本)-名古屋市(東邦ガス)】一回裏東京都2死一塁、越前が左越えに2点本塁打を放つ=東京ドームで2018年7月13日、山田尚弘撮影

●東邦ガス 3-6 NTT東日本○

 横綱相撲ではなく、挑戦者として果敢に攻めて勝ちに行く。4本のアーチをかけて頂点をつかんだ昨年の決勝をほうふつとさせる3本塁打で打ち勝った東京都だが、その過程には随所に「攻め抜く姿勢」が表れた。

 一回、右前打で出塁した1番・下川が、いきなり仕掛けた。相手投手はしつこくけん制球を投げてきたが、「行く気満々だった」。警戒をかいくぐり、2番・丸山の3球目に二盗に成功した。2死後に、4番・喜納が低めの変化球に食らいついて中前に先制適時打を放つと、続く…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです