メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

総合力の高さで初戦突破 王子

 ○王子(春日井市)9-7スバル(太田市)●(1回戦・14日)

 4時間2分の熱戦に決着をつけたのは、王子の矢幡だった。試合は延長十二回から無死一、二塁で攻撃を始めるタイブレークに突入。同点で迎えた十三回、2点を奪いさらに1死二、三塁の場面で大きな仕事をした。

 ヤマハから補強された矢幡はそこまで5打数無安打3三振。「補強で選んでもらって、このままでは終われない」と思っていた。稲場監督は、そんな矢幡を呼び寄せ、ささやいた。「三振でもいいから思い切っていけ」。雑念を振り払…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです