メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

いい緊張感…トヨタ・佐竹、貫禄の投球

【東京都(東京ガス)-豊田市(トヨタ自動車)】東京都に勝利し、喜ぶ佐竹(右から3人目)ら豊田市ナイン=東京ドームで2018年7月16日、山田尚弘撮影

 ○トヨタ自動車(豊田市)2-1東京ガス(東京都)●

 数々の修羅場をくぐり抜けてきたトヨタ自動車(豊田市)の13年目右腕・佐竹でも、都市対抗の初戦は緊張するという。ただ、この日は「平常心に少しアドレナリンが加わるような、いい緊張感だった」。心地よい緊張感の中で、ベテランらしい投球術がさえ渡った。

 三回に東京ガス(東京都)・地引に先制適時打を許したが、四回に味方が勝ち越したことで「開き直れた」と佐竹。その後は走者は出しても、テークバックの小さい…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです