メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA高山市長旗・飛騨市長杯 西濃が大勝発進 8チームの熱戦開幕 /岐阜

 社会人野球の「第33回JABA高山市長旗・飛騨市長杯争奪社会人野球高山大会」(日本野球連盟東海地区連盟主催、県野球連盟主管、高山市・飛騨市・飛騨市教育委員会・毎日新聞社後援、ミニミニ・ミニテック協賛)が10日、高山市中山公園野球場と飛騨市サン・スポーツランドふるかわ野球場で開幕した。

 出場チームは、東海地区から3年連続7回目の優勝を目指す西濃運輸(大垣市)、JR東海(名古屋市)、東海理化(豊川市)、三菱自動車岡崎(岡崎市)の4チーム。北信越地区から伏木海陸運送(高岡市)が出場。ほかに東海地区大学連盟から中部学院大学(岐阜)▽日本大学国際関係学部(静岡)▽四日市大学を加えた計8チーム。試合は、2グループに分けてリーグ戦を行い、日程が順調に進めば、両グループ1位チームが大会4日目の13日午前10時から、高山市中山公園野球場で決勝を戦う。

 Aグループ第1試合では、西濃運輸が一回、柏木の左越え満塁本塁打など長短打で一挙5点をあげ試合の主導…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです