メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 近畿地区最終予選 カナフレックス、敗者復活戦に /滋賀

【ミキハウスクラブ-カナフレックス】二回裏カナフレックス1死二塁、新谷が適時打を放ち同点に追いつく=大津市御陵町の皇子山球場で、諸隈美紗稀撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会近畿地区最終予選(毎日新聞社・日本野球連盟近畿地区連盟主催)は第2日の3日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)と皇子山球場(大津市)で代表決定戦3試合と1回戦1試合があった。

 日本生命(大阪)は島津製作所(京都)を攻守に圧倒して零封勝ちし7大会連続35回目、三菱重工神戸・高砂(兵庫)はニチダイ(京都)を逆転で降して2大会連続23回目の本大会出場を決めた。NTT西日本(大阪)は新日鉄住金広畑(兵庫)との接戦を制し7大会連続20回目の出場。

 ミキハウスク(京都)に敗れた県勢のカナフレックスは敗者復活戦に回った。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです