メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 九州地区予選始まる

 社会人野球の第44回日本選手権九州地区予選(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)が5日、熊本市のリブワーク藤崎台球場と、熊本県山鹿市の山鹿市民球場で開幕した。15チームが代表2枠をかけて争う。

     リブワーク藤崎台球場では熊本県野球連盟の下川一郎会長、山鹿市民球場では中嶋憲正市長がそれぞれ始球式をした。藤崎台球場の開幕試合では今夏の都市対抗に出場した西部ガス(福岡)が8-1で日本ウェルネススポーツ大学北九州(同)を破った。初日は両球場で1回戦計7試合がある。

     大会は敗者復活戦を含むトーナメント方式で、第1代表は8日、第2代表は9日に決まる予定。2チームは11月初旬に京セラドーム大阪で開かれる本大会に出場する。【佐野優】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです