メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 九州地区予選 宮崎梅田学園、初戦快勝 苅田ビクトリーズに6-1 /宮崎

 第44回社会人野球日本選手権大会九州地区予選(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)が5日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場など2球場で開幕し、1回戦7試合があった。県勢の宮崎梅田学園は苅田ビクトリーズ(福岡)に6-1で快勝した。6日に熊本県山鹿市の山鹿市民球場である2回戦第1試合で、西部ガス(福岡)と対戦する。【清水晃平】

    初回好機、2点先取

     ▽1回戦

    苅田ビクトリーズ

      001000000=1

      20010021×=6

    宮崎梅田学園

     宮崎梅田学園は初回、2四球で好機を作り、犠飛などで2点を先取。七回1死二塁の好機では主砲・花堂尊光選手が左越え2点本塁打を放ち試合を決めた。苅田ビクトリーズは三回、藤井翔太選手の右前適時打で1点を返したが、その後は打線がつながらなかった。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事