メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
社会人野球

パナソニック吉川の登録資格剥奪 規定違反

パナソニックの吉川峻平=山田尚弘撮影

 社会人野球を統括する日本野球連盟(JABA)は5日、連盟の規定に反して社会人登録を抹消しないまま米大リーグ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだとして、パナソニックの吉川峻平投手(23)を4日付で最も重い登録資格剥奪処分とし、今後の再登録は認めないと発表した。

 また当時、同社の野球部長兼監督としてプロ球団との接触を認識しながら適切に対処しなかったとして、北口正光野球部長(51)を9カ月の登録資格停止(謹慎)とした。

 JABAの規定では、加盟チーム所属の選手は前年のプロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議から翌年の都市対抗大会終了までプロ球団との交渉はできず、契約する場合は締結前に退部し、登録抹消届を提出しなければならない。吉川は今年1月以降、複数回にわたってダイヤモンドバックスのスカウトと接触し、8月11日にマイナー契約を結んだ。ダイヤモンドバックスは同月24日に吉川との契約を公示した。

 JABAは連盟内の全団体、加盟チームに対し、プロ球団との入団交渉、契約締結に関わる規定の順守について改めて文書で通達する。

 吉川は8~9月に開かれた、ジャカルタ・アジア大会の野球社会人日本代表を辞退した。【平本泰章】

吉川、パナソニックを依願退職

 パナソニックは5日、日本野球連盟から処分を受けた吉川峻平投手(23)が同日付で依願退職したと発表した。北口正光部長(51)への処分は検討するという。同社は「処分を厳粛に受け止め、再発防止に努めます。多大なるご迷惑をお掛けしたことを深く反省しおわび申し上げます」とのコメントを出した。【石川裕士】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです