メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が秋場所V 幕内通算1000勝
社会人野球

日本新薬が11大会連続出場 日本選手権

 社会人野球の日本選手権予選は5日、近畿は代表決定戦1試合があり、前回本大会4強の日本新薬がミキハウスクに零封勝ちし、11大会連続21回目の出場を決めた。敗者復活1回戦では、新日鉄住金広畑が甲賀健康医療専門学校に競り勝ち、7日の代表決定戦に進出した。

    近畿(わかさ京都)

     ▽代表決定戦

    日本新薬

    000000002◆2

    000000000◆0

    ミキハウスク

    (日)榎田、岩本-鎌田(ミ)栗山、間津-井上

    (日本新薬は11大会連続21回目)

    8年目左腕・榎田が円熟味の投球

     日本新薬の8年目左腕・榎田が円熟味のある投球を見せた。変化球をコーナーを散らして的を絞らせず、九回途中まで8安打を浴びながら三塁を踏ませない好投。榎田は「打者の狙いをよく見て粘ることができた」と喜んだ。

     二回まで3安打を許したが、三回の4番・東田への投球から変わった。「ストライクを集め過ぎている」と分析し、低めのボールになるツーシームを振らせて追い込み、最後は内角のツーシームで見逃し三振に。四回以降はツーシームより20キロ近く遅いチェンジアップを織り交ぜた。

     都市対抗ではミスが相次ぎ、1回戦で大敗。夏場の練習では「守り勝つ」チームカラーを取り戻そうと、試合形式のノックでプレーごとに疑問点を指摘しあった。

     この日は守りで崩れず、九回に下位打線の連続適時打で勝利。「まだまだミスが多いが、選手たちの自信にはなったのでは」と吹石監督。完成度を高め、本大会に臨むつもりだ。【石川裕士】

     ▽敗者復活1回戦

    甲賀健康医療専門学校

    000000001◆1

    00101000×◆2

    新日鉄住金広畑

    (甲)上村-金田(新)尾嶋、坂本-福井圭

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
    4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
    5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです