メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 近畿最終予選 ミキハウスク逆転勝ち、きょう代表決定戦 ニチダイは敗退 /京都

【履正社学園-ミキハウスクラブ】九回裏ミキハウスク1死満塁、立花の適時二塁打で三塁走者に続き二塁から藤村が生還し逆転サヨナラ勝ち=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、矢倉健次撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会近畿地区最終予選(毎日新聞社・日本野球連盟近畿地区連盟主催)は第4日の6日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で敗者復活1回戦2試合があった。

     カナフレックス(滋賀)は粘り強い試合運びでニチダイ(京都)を振り切り、ミキハウスベースボールクラブ(京都)は逆転サヨナラで履正社学園(大阪)を降し、それぞれ代表決定戦に進んだ。

     最終日の7日はわかさスタジアム京都でカナフレックス-ミキハウスク、新日鉄住金広畑(兵庫)-島津製作所(京都)の代表決定戦2試合が予定されている。【矢倉健次】

     ▽敗者復活1回戦

    ニチダイ

      001000001=2

      01001100×=3

    カナフレックス

     (ニ)西原、山下-小熊

     (カ)黒岩、宮城-福田

    ▽二塁打 北條、北川2(カ)

    履正社学園

      000000030=3

      100000003=4

    ミキハウスク

     (履)迫、田中-藤原

     (ミ)杉田、仲岡、間津-井上

    ▽本塁打 山田(履)

    ▽二塁打 筒井、向川原(履)長谷川、立花(ミ)

    〔京都版〕

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事