メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久慈次郎

生誕120年 社会人野球の名捕手を偲ぶ 盛岡で講演会や写真展 28日~来月1日 /岩手

 戦前に社会人野球で活躍した盛岡市ゆかりの名捕手、久慈次郎(1898~1939年)を「偲(しの)ぶ会」が28日~10月1日、同市内丸の県公会堂などで開かれる。今年は久慈生誕120年を記念して、講演会と写真展も開催する。

 久慈は旧制盛岡中(現盛岡一高)、早稲田大を経て社会人野球の函館太洋倶楽部に入団。沢村栄治投手とバッテリーを組み、米大リーグチームとも対戦するなど活躍したが、試合中にけん制球が頭に当たり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです