メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久慈次郎

生誕120年 社会人野球の名捕手を偲ぶ 盛岡で講演会や写真展 28日~来月1日 /岩手

 戦前に社会人野球で活躍した盛岡市ゆかりの名捕手、久慈次郎(1898~1939年)を「偲(しの)ぶ会」が28日~10月1日、同市内丸の県公会堂などで開かれる。今年は久慈生誕120年を記念して、講演会と写真展も開催する。

 久慈は旧制盛岡中(現盛岡一高)、早稲田大を経て社会人野球の函館太洋倶楽部に入団。沢村栄治投手とバッテリーを組み、米大リーグチームとも対戦するなど活躍したが、試合中にけん制球が頭に当たり…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです