メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 近畿最終予選 ミキハウスクと島津製作所敗退 /京都

 第44回社会人野球日本選手権大会近畿地区最終予選(毎日新聞社・日本野球連盟近畿地区連盟主催)は最終日の8日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で代表決定戦2試合があった。

     カナフレックス(滋賀)は延長、タイブレークにもつれ込む息詰まる投手戦の末、ミキハウスベースボールクラブ(京都)にサヨナラ勝ちし3大会ぶり2回目、新日鉄住金広畑(兵庫)は島津製作所(京都)を降し4大会連続16回目の出場を決めた。

     11月に京セラドーム大阪(大阪市)で開幕する本大会に近畿地区からは、大阪ガス(大阪)、パナソニック(大阪)、日本生命(大阪)、三菱重工神戸・高砂(兵庫)、日本新薬(京都)、NTT西日本(大阪)を合わせた8チームが出場する。【矢倉健次】

     ▽代表決定戦

    ミキハウスク

      00000000000000=0

      00000000000001=1

    カナフレックス

     (延長十四回、十三回からタイブレーク)

     (ミ)栗山-井上

     (カ)宮城-福田

    ▽二塁打 安田(カ)

    島津製作所

      000000000=0

      11000210×=5

    新日鉄住金広畑

     (島)江藤、鈴木、萩野-小田

     (新)尾嶋-福井圭

    ▽二塁打 山口晃(島)木戸地、庄子(新)

    〔京都版〕

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事