メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権予選 カナフレックス、3大会ぶり 新日鉄住金広畑、4大会連続

 (8日)

 近畿は最終日で代表決定戦2試合が行われた。カナフレックスは延長十四回タイブレークの末にミキハウスクにサヨナラ勝ちし、3大会ぶり2回目の出場を決めた。新日鉄住金広畑は島津製作所に快勝し、4大会連続16回目の出場。

 関東が開幕し、東芝は深谷組にコールド勝ちして代表決定戦に駒を進めた。北信越は、信越クと伏木海陸運送が9日の代表決定戦に進んだ。中国、四国、九州、東海は雨で順延になった。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文806文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです