メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権予選 関東 明治安田の宮川、流れを呼ぶ仕事

 (10日)

     ○…明治安田生命に流れを引き寄せたのは2番・宮川。三回1死満塁からセーフティースクイズを決めて先制点をもたらすと、3点リードの五回1死二塁の場面では、甘く入った速球を「どんぴしゃで打てた」と、右翼席にたたき込んだ。鷺宮製作所の補強選手として今夏の都市対抗に出場。あまり経験がなかった8番を打ったことで「自分に課された役割を考え、打順に応じた打撃をしようと思うようになった」と宮川。国士舘大から入社7年目。この日は2番の仕事を果たし、「もう29歳。時には自分を殺して大人の野球をしないとね」とほほ笑んだ。


    関東(群馬・太田市運動公園)

     ▽2回戦

    スバル

      000000000000=0

      000000000001=1

    日本通運

     (延長十二回、十二回からタイブレーク)

     (ス)弓削、高橋、角田-外間、唐谷

     (日)生田目、庄司、相馬-木南

    エイジェック

      000000010=1

      00302000×=5

    明治安田生命

     (エ)町田、牧野-田口

     (明)古田-道端

    ▽本塁打 宮川(明)

    東京ガス

      001010002=4

      010010000=2

    新日鉄住金かずさマジック

     (東)臼井、難波、宮谷-山内

     (新)松尾、橘、山川-山県

    ▽本塁打 宮沢(新)

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事