メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 関東代表決定戦 ENEOSがコールド勝ち /神奈川

 社会人野球の第44回日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の関東代表決定戦は11日、群馬県太田市の市運動公園野球場で2回戦の残り3試合があった。県勢のJX-ENEOS、新日鉄住金鹿島(茨城)と日立製作所(同)が代表決定戦に勝ち上がった。7月の都市対抗でベスト4だったJR東日本(東京)は日立に敗れた。勝者が本大会出場権を獲得する代表決定戦は12日に3試合、13日に2試合が行われる予定。【阿相久志】

     ▽2回戦

    JR千葉(千葉)

      00010 00=1

      1003010×=14

    JX-ENEOS(神奈川)

     (七回コールド)

     (千)斉藤、高橋、秋元、宮坂-石橋健

     (E)西島、宮崎、江口-小林

    ▽三塁打 岡部、田中(E)

    ▽二塁打 山崎(E)

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事