メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権予選 宮崎梅田学園、初出場

 九州は代表決定戦があり、宮崎梅田学園がJR九州に逆転勝ちし、都市対抗を含めて宮崎県勢初の2大大会出場を決めた。

     関東は2回戦3試合。JX-ENEOSはJR千葉、新日鉄住金鹿島はJR水戸にコールド勝ち。日立製作所は今夏の都市対抗4強のJR東日本を3投手の継投で零封し、代表決定戦進出を決めた。東海は2回戦2試合があり、ホンダ鈴鹿は東邦ガスとの打撃戦を制し、ジェイプロジェクトは永和商事ウイングを八回裏途中降雨コールドゲームで降し、代表決定戦に進んだ。3試合目の三菱自動車岡崎-王子は雨天中止になった。

     中国は敗者復活2回戦2試合。三菱重工広島は光シーガルズに競り勝ち、ツネイシブルーパイレーツは三菱自動車倉敷オーシャンズに快勝。ともに敗者復活3回戦に進んだ。

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    11月12日の試合

    話題の記事