メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

第44回日本選手権 組み合わせ決まる

第44回社会人野球日本選手権大会の抽選会で、くじを引く各チームの関係者=大阪市北区で2018年10月5日、望月亮一撮影

 社会人野球の単独チーム日本一と年間王座を争う第44回日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市北区の毎日新聞ビル・ハートンホールであり、出場32チームの1回戦の対戦カードが決まった。大会は来月1日から12日間、同市西区の京セラドーム大阪で行われる。

 今夏の都市対抗を制し、史上4チーム目の「夏秋連覇」を目指す大阪ガス(近畿・大阪)は、都市対抗8強の鷺宮製作所(関東・東京)と対戦。前回覇者で史上初となる2度目の大会連覇を狙うトヨタ自動車(東海・愛知)は、4大会連続出場の新日鉄住金広畑(近畿・兵庫)とぶつかる。前回準優勝の日本生命(近畿・大阪)は前回8強の明治安田生命(関東・東京)との同業種対決。初出場の宮崎梅田学園(九州・宮崎)はJFE西日本(中国・広島)と顔を合わせる。

 抽選は同一企業・グループ、同一地区のチームが初戦で当たらないようにブロック分けして行われた。【石川裕士】

公式サイトで大会情報発信

 今大会の組み合わせ表や対戦時間などの情報は公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/senshuken/)でも発信している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 新聞協会 74紙に全面広告 Koki,さんがメッセージ
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. オセロ 世界一に11歳の福地さん 歴代最年少
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです