メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 東海理化が競り勝つ 延長十二回 全国大会初勝利 /愛知

 京セラドーム大阪で開かれている第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第2日の2日、県勢の東海理化が室蘭シャークス(北海道)と対戦。先発したエース立野が、延長十二回を1失点に抑える力投を見せ、タイブレークの末、4-1で競り勝った。1959年の創部以来、全国大会で初めての勝利に、スタンドのファンは歓喜に沸いた。東海理化は7日の第3試合で、JFE西日本(広島)と宮崎梅田学園(宮崎)の勝者と対戦する。【石塚誠】

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1029文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです