メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

東海理化・立野、直球の球威落ちず

東海理化先発の立野=京セラドーム大阪で2018年11月2日、幾島健太郎撮影

 〇東海理化4-1室蘭シャークス●(2日・京セラドーム大阪、1回戦)

 磨いてきた直球は最後まで球威が落ちなかった。東海理化の20歳の右腕・立野が12回1失点で完投。出場3回目のチームに初勝利をもたらした。

 延長十二回、無死一、二塁から始まるタイブレーク。3点のリードがあったため、捕手・水野に「ここは直球勝負で」と強気に攻めた。高めの直球で詰まらせ、左飛、中飛、一邪飛の3者凡退で締めくくった。

 立ち上がりにいきなり自己最速を更新する150キロを記録。室蘭シャークスの指名打者・岩下は「高めを警…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです