メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

「抜ける」確信したパナ9番・横田

【NTT東日本-パナソニック】延長十二回裏パナソニック2死二塁、横田が中越え適時二塁打を放つ(投手・大竹)=京セラドーム大阪で2018年11月2日、山崎一輝撮影

 〇パナソニック2-1NTT東日本●(2日・京セラドーム大阪、1回戦)

 打った瞬間、抜けると確信した。同点の十二回2死二塁。パナソニックの9番・横田の放った打球は、サヨナラを阻止しようと前進守備を敷く中堅手の頭上を越えていく。「センターがえらい前に来ているなと思っていた」と横田。決勝二塁打に両手を上げて喜びを表した。

 この回、タイブレークの無死一、二塁で、8番・松根が犠打を失敗し併殺。チャンスはついえたかに思えた。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです