メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 明治安田が惜敗 「同業対決」熱戦に温かい拍手 /東京

 第44回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会第4日の4日、京セラドーム大阪(大阪市)で1回戦2試合があり、明治安田生命は第2試合で日本生命(大阪)との「同業ダービー」に挑んだ。

 先発の大久保匠投手(28)が粘投し、息詰まる投手戦となったが、同点で迎えた九回、土壇場でサヨナラの3点本塁打を浴びて1-4で惜敗した。優勝候補の一角といわれる強豪を相手に一歩も引かなかったナインに、スタンドから温かい拍手が送られた。【最上和喜、礒野健一】

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1135文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです