メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 新日鉄住金鹿島、初の4強 日本新薬に逆転勝ち /茨城

 新日鉄住金鹿島の快進撃が止まらない。9日、京セラドーム大阪(大阪市西区)で行われた第44回社会人野球日本選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の準々決勝で、新日鉄住金鹿島は日本新薬(京都市)に2-1で競り勝ち、初の4強入りを果たした。2回戦で20安打を放った打線はやや低調だったが、六回に逆転。エースの大貫晋一投手(24)が最小リードを守りきり、今大会2度目の完投勝利を挙げた。新日鉄住金鹿島は11日の準決勝第1試合(午後1時開始予定)でJFE西日本(広島県福山市・岡山県倉敷市)-日本生命(大阪市)の勝者と対戦する。【川崎健、石塚誠】

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1026文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです