メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 準決勝 新日鉄住金鹿島、惜敗 応援団、健闘に拍手 /茨城

 第44回社会人野球日本選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)は11日、京セラドーム大阪(大阪市西区)で準決勝が行われ、県勢の新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)は、JFE西日本(広島県福山市・岡山県倉敷市)に2-4で惜敗。決勝進出はならなかった。試合後は最後まで懸命に戦った選手たちに応援団から「よく頑張った」「来年も頑張ろう」などと惜しみない拍手が送られた。【川崎健】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです